箱に入った指輪

予算に合わせる

婚約から結婚を機会に身に付けることになるアクセサリーとして、婚約指輪と結婚指環を、第一に挙げることが出来ます。
結婚指輪は、挙式時に用いられるリングですが、シンプルなデザインが特徴として知られています。
婚約指環は、エンゲージリングとも呼ばれており、男性が女性にプロポーズする際に贈るリングとしてよく知られています。
「ソリティア」と呼ばれる立体的なデザインが特徴的となっていることから、結婚後は華やかでかしこまった席で身に付ける女性の方が多くなります。
しかし、どうしても身に付ける機会が減ってしまうことから、最近では結婚指環と婚約指輪を兼ねた、新しいタイプのウェディングリングが登場し、注目を集めています。

婚約指環と結婚指環を兼ねることの出来るタイプのリングですが、リングの表面に小さなダイヤモンドなどのジュエリーが埋め込まれたタイプが、主流となります。
このようなタイプならば、普段の家事や仕事でも妨げにならずに、そしてファッション性にも優れていることが、人気を集めている大きな理由として考えられています。
また、マリッジリングとエンゲージリングの二つを購入するよりも、経済的にもお得であると言う側面もあります。
このようなウェディングリングの購入は、宝飾店はもちろんのこと、挙式を執り行う式場やホテルなどでも、販売を受付けている場合もあります。
昨今ではインターネットでリングや宝石店の情報を得るケースも多くなります。